※特典:ただいまご予約愛犬家特別キャンペーン中!愛犬家の方に【ecodogオススメ愛犬無添加セット5,000円相当】をプレゼント。愛犬用の無添加オーガニックな食品やケア用品セットを贈呈します。この機会をご活用ください(^-^)

INUキャン(犬連れキャンプ)入門講座

 


ecodogでは「愛犬家のためのライトキャンプバン:ecodog CAMP VAN」をカーシェアリングしています。
愛犬家だけがご利用いただけます。

愛犬家専用キャンピングカーと看板犬ジョルノの写真
きっかけは僕自身愛犬連れでキャンピングカーレンタルしようと調べましたが、愛犬OKは無かったり、あっても台数が少なかったり、サービスをやめてしまったり、大型犬不可だったり・・・色々あってとうとう借りられませんでした。

それだったら、「愛犬家のためのキャンピングカー 」を用意して、同じ考えの方々とシェアしようと考え、2020年11月15日よりサービスを開始しました。

カーシェアリングのお申し込みやお問い合わせは、今話題の「バンシェアでVANLIFE・車中泊を楽しもう!carstay」に統一しましたので、下記よりよろしくお願いします。保険もついて簡単にご予約できます。また、宿泊地探しもできますので便利なサイトです。

=> carstay ecodog CAMP VAN ページ

carstayの画面写真

https://carstay.jp/ja/cars/5f8c326fff38a9d050a0450f


■ecodog CAMP VANのオススメポイント
・「愛犬家のためのライトキャンプバン」なので愛犬家だけご利用できて、愛犬家以外はご利用いただけません。
・8人乗り4人就寝可能なホンダ・ステップワゴンのホワイトハウス社ビルドのキャンパーです。
・ポップアップルーフで2名と下で2名就寝可能。大人1名と愛犬から、大人2名と子供2名と愛犬ぐらいまでがオススメのサイズ。
・ポップアップルーフをあげると、2M以上の室内高になるので立って着替えなどできますし、換気ができて、開放感があり快適です。
・電車なら三島駅で受け渡し可能。(オプション)
・車なら沼津もしくは長泉沼津ICから15分程度のecodogショップ駐車場に駐車して受渡し可能。駐車代無料。(ただし駐車中のトラブルは関与しません)
・大型犬も利用可能でケージ不要(ケージ利用の判断はお任せします)
・5ナンバーなので運転や駐車が楽ですし、車高1890mmなので立体駐車場もご利用いただけます。
・着脱可能な網戸3面完備なので、防虫できて、夏涼しく就寝可能。
・セカンドバッテリーからのFFヒーターで冬も暖かく就寝可能。
・ポータブル電源装備なので、USB/DC/AC出力可能です。
・フラットシートにするためのクッションやエアマット二人分を完備。
・ソフトクーラーボックス装備なので調理材料やお土産購入に便利。
・車内トイレはありません。臭いや掃除を考えると施設でお借りした方がオススメです。
・車内シャワー等ありませんが、温泉施設やキャンプ場の温泉も充実しているのでそちらをオススメします。
・食事はアウトドアで食べた方が美味しいです。キャンプチェアやテーブル、タープなどもレンタル可能です。お弁当など車内での飲食も可能です。

ご不明点はお気軽にご質問下さい。
ecodog CAMO VANと看板犬ジョルノ。カーサイドタープとともに。

■愛犬キャンプのススメ
僕たちは企業ポリーである「愛犬との共生」をテーマに、
愛犬との旅や車中泊、キャンプなどをオススメしています。
僕たち自身もキャンプ好きで、
1990年台からはじめて、
1998年愛犬を飼いはじめてからは旅はほぼキャンプか車中泊です。

愛犬ペンションも泊まったことがありますが、
もともとキャンプ好きでしたし、
天候さえ良ければ、
いろいろ自由なキャンプで愛犬と過ごします。

自然の中にいるだけで目を輝かせてくれるし、
焚き火をしていれば足元に静かに寝てくれるし、
一緒に寝れば喜んで添い寝してくれるし、
早朝一緒に自然あふれる中でお散歩できるし、
愛犬とのキャンプはとても楽しいですね。

また車中泊も駐車可能な施設やトイレ整備された施設が多くなり、
ルールやエチケットを守れば仮眠や車中泊が容易にできるようになりました。
宿泊場所の予約などをせず、
天候や興味などによって愛犬と臨機応変に旅ができるのが、
愛犬連れ車中泊旅行の醍醐味でもありますね。

僕たちのお店【ecodog】のある富士箱根伊豆エリアは自然や施設が豊富なので、
愛犬とのキャンプや車中泊、旅にオススメなエリアですよ。
フラットシートで寝る看板犬ジョルノ

■キャンピングカー選びのススメ
もしキャンピングカー購入を考えているなら、
いろいろな種類のキャンピングカーに乗ってみることをオススメします。
ライフスタイルや家族構成、
旅の楽しみ方、
そしてオーナーの求めるものが皆違うからです。

オールインワンで全て整ったものを好む方、
DIYで自分好みに整備しながら楽しみたい方、
車で自炊やトイレなど完結したい方、
自炊だけでなく美味しい飲食店や名物、温泉施設を利用したい方、
などなど、
いろいろ体験して、
ご自分の好みに合わせてクルマ選びをしましょう。

もしかしたら、購入して所有せずに、
いろいろなキャンピングカーをその時その時のニーズに合わせて、
レンタルやシェアした方が実用的な方もいると思います。


■ライトキャンパーのススメ
僕たちにとって、ecodog CAMP VANは2台目のライトキャンピングカーになります。
2005年頃に初めて手にしたキャンピングカーは、その頃の新型ハイエース200ベースでリンエイ社でビルドしてもらったバカンチェスでした。
仕事がらトランスポーターにもなって、キャンピングカー にもなってということで、8ナンバーキャンパーでしたがトイレやレンジなどの装備をつけないライトキャンパーで、イベント出店などの大活躍してくれました。
北は群馬から南は淡路島まで、仕事のイベントなどをあって家族やスタッフと旅しました。良い思い出です。

ただ個人的には不満がありました。
宿泊はフラットにしたセカンド・サードシートだったので、天井が近くて、バグネット(網戸)もなかったので、空気の流れもなく、圧迫感があり、あまり寝やすいキャンパーではありませんでした。
また、FFヒーターもなかったので寒い季節は使いにくいものでした。

今回の2代目キャンパーはポップアップルーフ付きライトキャンパー、ポップアップルーフで開放感があり、バグネット装備で空気の流れもよく、FFヒーターで冬でも使いやすくなっています。

僕たちは日常はトランスポーターにもなって、
日常にも使えるサイズと燃費で、
食事や炊事は外でキャンプ道具を出してキャンプ気分だしたいし、
ある程度は美味しい飲食店や温泉施設も楽しみたくて、
全て整ったオールインワンより自分でいろいろいじりたいし、
計画性がないので思い立ったらすぐキャンプに出かけたいので、
2代ともライトキャンパーを選びました。

皆さんも自分に合うキャンパーに出会ってくださいね。

ecodog CAM VANと看板犬ジョルノ

 


ecodog代表 戸松寛人
2020年11月吉日